2010年猛暑の夏に誕生した息子の育児に没頭中!感謝の気持ちを込めて。いつだってわたしはわたしです。


by rincocoyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

徐々に徐々に。

またまた深夜・・。早く寝ろっていうねw
アイロンがけ(日中、息子がいて危なくてできません)がやっと終わり、久々のブログ更新。


今日は朝から風疹麻疹の予防接種へ。注射の針が刺さっている間、若干ぶるぶると震えながら怒りながら?泣いていた息子。おつかれどすー。だんだんとわかってくると辛いよね。病院ってそういうものなんだよね~ でもねーおびえなくていいんだからね。

その後、部屋干し器を工務の人がつけにきてくれた。

徐々に徐々にですが、部屋が部屋らしくなっていきます。

ホームセンターにも行き、それなりに?買い揃えていっています。隣町のホームセンターへ行けば、なんでもあって、結構楽しいね~。
息子をずっと抱っこしていて疲労困憊でしたが、よく寝てくれたので買い物しやすかった。

で、実家へ行き、お彼岸なので父と祖父のお墓参りへ。また実家に戻り、御供えを仏壇にまつった。

キッチンはだんだんと慣れてきました^^
普段、ゆっくりと堪能する時間もないんだけど、大して不満はないかな!
来週は、家が近くなったお友達が遊びに来てくれる予定。きっとうちだけではつまらんだろうから、近所の公園か、散歩へも行くかもー?
はじめて自分ちにご招待するのでちょいと不安だけど、楽しみ^^

でわ。眠気限界。おやすみ~
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-25 02:27 | day。

感謝感謝です・・。

昨日、無事に息子の(遅ればせながらのw)1歳お祝い&我が家の新築祝いを執り行うことができました017.gif

9時半には福○駅に到着予定の義父さんと義母さんを、旦那と息子に迎えに行ってもらっている間に、家事を早々と済ませた。
息子を少しでも、普段会えない義父さんと義母さんに慣れさせたくて、旦那にお願いした。「泣くと思うけどな・・」と渋々了解してくれたものだから、わたしは家事をしている間、結構心配だった。

そして10時半頃、義父さんと義母さん我が家に到着!
息子はちっとも泣かなかったらしく、わたしはホッとしましたよ・・。

初節句のとき以来のご対面。息子はやっぱり緊張したのか、最初のうちは固まっていた。

そうこうしていたらだんだんわたしは大忙しになってきて、兄家族と母が来て、義姉さんは、義母さんと義父さんには初対面。挨拶を交わしつつ。。

兄夫婦には素敵な新築祝い(高級な電波時計!)に息子へeabの洋服にコムサのバナナケースに大量のお下がりの洋服を貸してくれたり、もう感謝感謝・・。

この日の前までに、義母さんからは、三輪車にコムサの洋服に新築祝いに、4軒分のお菓子(紅白のマシュマロ)を送ってきてもらったり。。お土産に高菜と明太子。感謝してもしきれません。

また、母からはミキハウスのファーストシューズにズボン。この日のために赤飯も注文してくれた。
引越しまでにもいろんなことを手伝ってくれた。引越し後も、まだアパートが15日まで借りれたので、ごみ(前のアパートは毎日捨ててOKだった!)を捨てに行ってくれたり。野菜をくれたり。
昨日も、姪っ子が動き回るので、姪っ子の世話に奔走し、御膳をみんなで食べ終わったあとの片付けは母が先導きっていた。


紅白のお餅を用意してくれたのも母。
一升餅を赤いリュック(これも姪っ子からの借り物)に入れて、背負って、その先にあるお札・筆・そろばんから何を取るのか歩かせてみたのですが・・。

結果は、筆。でした!せっかく一万円札置いたのだから、取ってくれたらよかったのにー。と思ったけど、筆だったわ~。その後、一万円札とそろばんを近くに並べてみたら、一万円札をとりましたw

義父さんも義母さんもリュックをずーっと手伝って持っていてくれて嬉しかったけど、もう少し自分の力で歩かせてみたかったなぁー。(姪っ子は1歳のお祝いのとき、自力でハイハイで歩き、千円札をさっさと取っていたw)

あっという間の時間だった。

こんなに賑やかで楽しいお祝いができたのは、子供の力なのかなぁと思った。姪っ子はやたらめったら元気ですしw 女の子なんだけど、しゃんこらです。わたしを見て見てアピールも凄かったw
息子と遊んであげたくてお世話してあげたくて・・世話好きねーちゃんだった。

そして何が凄いって、何度もこのブログでも義姉さんを褒めてきたのだけれども、それはそれは今回またまた凄かったのです。
初めて会う義父さんと義母さんにですよ、すーーーっと溶け込むんです。そして自然に話しかけて、わたしだったら言えないようなこともさらっと言うから、義母さんたちも笑いながらさらっと答えるのです。さすが義姉さん・・これからもついてゆきます!と思いました。

このたびは義父さんも義母さんもお酒が進んで、いつもよりも饒舌だった。普段会えない息子と孫といっぱいお話していた。家のことも「なかなか機能的で外観もかっこよくてよろしい」との評価だった^^;

兄は仕事疲れか、わりといつも無口なんだけれど、それでも息子をいっぱい抱っこして、おめでとうと言ってくれた。

旦那がこだわり続けた家を大事にしていかなくては・・家族を大事にしていこうと思いました。まだ家具が全てが全て揃ってないけれど、徐々に徐々に。。


息子はたくさんの刺激を受けて、10歩ほど歩けるようになりました。まだまーだ甘えん坊の息子だけれど、これから徐々に園庭解放とか、息子のために出かけてあげないと・・と思いました。

感謝の気持ちを忘れずに、これから頑張っていこうと思います。頑張りすぎないけどw

さて、明日はさっそくごみ出しの日だー。
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-20 00:51 | 大事。

頑張ったぞ~

んまー 夜中も夜中。しかも明日(というか今日)は、息子の1歳のお祝い&新築祝いだというのにですよー。なんだかんだでこんな時間・・。

やっと概ね済んだと言える!!

キッチン周りが片付かなくて、呆然としながらへたりこんで夜中3時くらいまでとろとろ片付けたり、洋服をとにかくWICに綺麗にしまいたい、と思いつつ・・これも夜中までかかったり・・。なんせ日中は息子の育児に追われて、なかなかできない・・けど、済ませなくては18日に見せらんない家ではダメだーとかなり急いだつもり。

パパちゃんはせっせと工作をこなしていっていた。引越し前二週間はかなり我が家は殺伐としていた。少しの言葉の行き違いとか、いつもなら怒らない発言も過敏すぎるほど過敏だったり・・。なーんもおもろーねーわー 引越し嫌だ・・って本気で思った。毎日が苦痛だったなぁ。引っ越すと旦那さんも落ち着いたのか、普通に戻った。
工作wがこんなに上手だとは・・びっくりしましたよ。我が家はお金ありませんので照明とカーテンは住宅メーカーではなく、自分達で購入。カーテンレールをつけたり、家具もリビング収納は旦那が組み立てた。
わたしはほぼ、助手か、掃除担当でしたねー。

洗濯物を部屋干しする器具は一週間後に工務の人につけてもらうことになった。


本来飾りたいとことか置きたい場所には、、小さな息子がいると、なかなかそうもいかなくて、高い位置に置くしかなくなってそれはちょっと残念なんだけど、しゃーないっ。

家って建ててみると、あそこをこうしておけばよかった・・ってのがやっぱ出てくるね。ちょいちょい出てきてますが、今のところ、それなりに快適。
というか、味わう?暇がございませんよー。
1歳すぎての息子はもうね、もうー、元気いっぱいなのは嬉しいのですが、7歩ほど歩けるようになり、動いて動いて・・大変ですよ。
そういえば、芸能人が妊娠ラッシュだね。おめでたいことです。個人的には、神田うのがどんなママになるのか気になるw

さて、あと数時間しか寝れませんが、明日(今日)は、たくさんの人たちに息子を祝ってもらえるのでありがたいです。久々に姪っ子にも会える!わたしはゆっくり食べれないだろう(近頃、すごく感じます。ゆっくり食事なんてできねーよー)
でわ~ みなさまシルバーウイークを楽しんでください☆おやすみなさい☆
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-18 03:17 | day。

新しい生活。

9日(先勝)に、とうとう新しいおうちへと引っ越しました。


んまー なんと引越しって大変かw 転勤族だった母や友達の言葉は本当に参考になりました。
THE 断捨離!!!これって本当に大事ですねー!

引越し屋さんに頼んで引越しは個人的には初めてのことで、これはどこですか?などとわりと聞かれて、瞬時に答えるのが大変だったわー。トロトロしょーちゃーいけんしなぁー。
若いバイトくん2人と社員さん1人。それにしても早かった。傷はつかなかったし、上出来だと思われます。

母がかなり協力してくれました。綺麗好きの母としては、お祝いの日までには必ずほぼ片付けろ、と。ダンボールの部屋なんてあっちゃだめよと・・。
義母さんは、ぼちぼちでいいのよと・・。

キッチン周りは、夜中に孤独に頑張ったw

あとは息子の服と、旦那とわたしの服の整理。書類の収納。くらいかなー。


息子よ、なかなか構ってあげらんなくてごめん!ママちゃんは睡魔と闘いつつ、頑張ってるのよー。
日曜までにはなんとか頑張るからねー!
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-14 14:57 | day。

追い込みです。

ひえー!
あと2晩だけかよー。ここで過ごすのも!

昨日は、恩師のお宅へご挨拶に行ってきた。今度は是非遊びに来てください!と言ったら、「うんうん、Kちゃん(恩師(姑さんだよね)のお嫁さん)と一緒に行くわ~。1時間でも2時間でも、病院へ行くとかそういう用事があったら、いつでも預かってあげるけーな!お母さんが勤めをしょーてんじゃからな。わたしはそういうのは厭わないよ!」って・・またまた涙が出るようなお言葉を;;

恩師もお嫁さんも、子育てには非常に専念するタイプで、でもガチガチではない、子供を自立させるために様子を見ていよう、怪我をさせてわからせよう学習させよう、というタイプ。。。
あぁうちの母も旦那さんもそういうタイプならな・・。
わたしはそのやり方に断然賛成!少しでも見習いたいと思います。


さぁー 追い込みだー!冷蔵庫の中と、キッチン周りの残りをしまえば終了。

やってやるぞー!
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-07 09:12 | day。

家を建てるということ。

ひえぇ~~~~ 深夜ですよ!それなのにさっきお風呂からあがったばかり。
なぜなら~ 引越しの準備のラストスパートっていうんで、片付け頑張っていました。066.gifアイスを食べながら、しばし休憩して。。。早く寝なきゃね・・。


今日は、家を建てるということ・・我が家の場合、どうだったのか、なんだか振り返りたくなったわw

それは突然始まった。息子を妊娠中、旦那の同僚が家を建てたり、わたしが妊娠前から同じアパートに住んでいたご夫婦が中古(中古といっても家はめっちゃ綺麗で巨大で車庫はカーポートじゃなく・・とーっても頑丈であれはずーっともつだろうなっていう・・)の家を買ったり・・。

住宅ローンの仕組みや、家を建てるということがどういうことなのか、なーんにもわかっていなくて、妊娠中1度だけ旦那が「モデルハウスを見に行きたいから付き合って」と言うので、渋々行った。わたしは興味がないから・・それにまだアパートでいいじゃないの・・このアパート気にいってるんだし・・と思っていたし、その後のランチのほうが楽しみだった。
その後も、本屋でインテリアやマイホームの本をとりあえず立ち読みしていた旦那でした・・。


そうこうしているうちに、わたしがとうとう息子を出産し、実家に3週間帰っていたのだけれども、おそらく旦那はもう心に決めていたはず。
2、3日に一度、息子を見に実家へ顔を出しに来たのだけれど、土地の情報やらもう話をもってきてですね・・なんなんですか!?もうっすか?早くないっすか?って・・わたし産後直後です・・話についてゆけず。

「子供ができたら家を建てたいと思ってたよ」とあとで言われて・・。義母さんや義父さんにも旦那は話していたし(しかも産後息子を見に来てくれたときですよ!)

車内で大喧嘩し、そのときはもう産後ホルモンがワヤクソなので、がみがみ言われるとこっちも言い返しても本当になんていうか・・いつもとは違う感覚でした。


息子を産んで、2ヶ月・3ヶ月・・と時が経っていくうちに、わたしはとうとうホルモンバランスを崩し、家のことはもう無理だっつーの、「育児してる間に家のこと勉強できるじゃろ?」とかいうふざけた発言にもう泣きたくて泣きたくて、息子も日々成長してるんだけど不安満載で完全に心がやられた。そのときには、遠く○山へ見積もりを取りに行ったり、営業さんが我が家へきたり、完成見学会に行ったり、わたしはヘロヘロでしたが頑張った。。。
それくらいから、同級生&Aちゃんとよく遊ぶようになって凄く息抜きになり、だんだんと復活していきました。
お正月は、しばし家のことからは離れられる・・とりあえず義実家で息子を見てもらい、わたしも満喫しなくっちゃ、と。そりゃーそりゃー息抜きさせてもらい、年があけたらわたしの気持ちが伝わったのか?息子はすっかり便秘が解消した。


そもそも土地を旦那は気に入って、わたしは息子のことを考えたらそこはどうかと・・思ったり。。確かに値段は安いけれども、、。
だから、我が家は一般とは逆というか、さきに住宅メーカーを決めて、その後土地を決めたのです。(結局は旦那が気に入った土地にしました)

そこからほぼ3、4ヶ月・・毎週土曜には住宅メーカーへ打ち合わせに行った。あけてもくれても打ち合わせ。わけわかんないっつーの!土曜がくるたびに・・今日は一人で行ってくれ・・と何度も思った。でもrincoも来てくれんと・・とか言われて・・。旦那は念入りに調べ尽くすタイプなので、我が家には本が何十冊と気づいたときにはあったw(今後家を建てるという1階のご夫婦にプレゼントしましたw)わたしは、開きもしなかった。とーぶん。

その打ち合わせ中も、なにがなんだか・・お金持ちじゃないから、とにかくコスト重視だったし、わたしは黙っていることも多かった。あまりに優柔不断のためか、家ではときどき「えいやー!で決めんといけんって」と言われつつ。

3月11日、東日本で震災が起きた。その翌々週に3者打ち合わせ(最後の打ち合わせ)が予定されていたのだけど、翌週に早めてもらった。その最後の打ち合わせも・・最後までしんどかったわい!

で、4月の下旬にとうとう地鎮祭を行い、5月の中旬に上棟式を行った。その頃には、まぁ旦那に鍛えられたためか、事務的なことはそれなりにしたわよーーーーー。奥さんとしてあたりまえー?
4月あたりから打ち合わせにもう行かなくていいのだと思うと、なんとも気分が晴れやかに!
好みや希望が、夫婦ぜーーんぶ一致すれば難しくないのにね~ と何度思ったことか。その後はますます事務的なことが増えていきました。何度も住宅メーカーに電話したり、確認したり。。働いてないから、頭を動かすって久々だったw

今ならわかるー。今なら間取りとかなんやかんやそれなりにわかる。意味が。さすがに産後直後からはですね・・はっきり言って、キツカッタ。

文句をブツブツ言いつつも、わりとわたしがしたいことを譲ってくれたりもした。お互い妥協したり。もっと自分に自信がもてたら。もっと自分にアイデアがあったなら。もっと勉強していたら。もっとお金があればww よく思ったものです。

さぁ木曜に引渡しの日なんだけど・・新たな住まいで、家族で頑張っていこうと思う。

この1年、そりゃーそりゃー家を建てるということの難しさを痛感したけれど、そのたびに息子が癒してくれた。息子の日々の成長、そして友達と遊び、育児の情報交換をし、支え支えられてきた。

きっといい家にしてみせる。あたたかい愛情溢れる家庭を作っていきたい。

そして何度も喧嘩したけれども(今後もするっしょw)、仕事をしながら、家のことを研究に研究を続けて、妥協もし、譲るところは譲ってくれた旦那さんにありがとう。これからもよろしく!
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-06 03:06 | day。

あと少し。

このアパートで過ごすのもあと少し・・。
かなーり寂しくなります。1階に仲良くなったママさんもいた(今はもう旦那さんの実家に引っ越されたけれど)。お隣には同級生夫婦が住んでいて、普段そんなにお付き合いがないのに、出産祝いまでくださった。2階には旦那と同じ職場のご夫婦(奥さんは小中高とわたしと同じでひとつ年上です)。
近所には恩師がいて、息子を月に1度は連れていって、お孫さんと遊んでもらったり恩師やお嫁さんには「ゆっくりしーよ~」と言ってもらって話を聞いてもらったり。

薬局もスーパーもそれなりに近くて、なにかと便利なとても住み心地の良い住まいだった。

この4年、いろんなことがあった。それにしてもささいなことで旦那さんとは、よく喧嘩したものですwww
2年たっても子供がなかなかできず、キーーーーーとイライラすることもあったり。でも、ついに妊娠して出産した。そして産後、1歳までここで過ごしたねぇ、息子よ。友達もよく遊びにきてくれた。

そろそろ引越しが近づいてきたー。わたしは要領がとーってもよろしくないので、先月の頭くらいから始動した。いらないものはどんどこ捨てても捨てても・・なかなか4年で積み上げたものは減らなくて、ま、わたしは捨ててもいいよ、と思ったものでも旦那さんはこれはとっておきたいというのもあったりねw

引っ越したらそれこそしばらくはバタバタしますでしょうなぁー。みんなみんなイライラするかなぁ?それでも前に進んでいかなくっちゃー。
息子の1歳のお祝いも遅ればせながら、行うし!息子よ、楽しみにしててねー!いとこのMちゃんも来るからね!じーじもばーばもくるよ!いつものばーばもくるよ!おじちゃんもおばちゃんもくるよ!

引越しの日、このアパートを去る日は・・部屋にお礼を言って去ろうと思います040.gif
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-05 22:22 | day。

怖かった・・。

昨日の夜、テレビを見ていた。息子はとっくにお風呂から出ていて、旦那もわたしもテレビやパソコンやら。。
なかなか息子は夜早く寝てくれない日が続くんだけどねー。それはまた元に戻ると思ってます。

残りの洗い物があったので、11時くらいにトロトロ洗っていたら、裏側の食器棚の2番目の引き出しをなにやら息子がゴソゴソしていた。
そこにハイハイン(赤ちゃんせんべい)の食べくさし?袋をとじて洗濯バサミでとめていた。おそらくその洗濯バサミをとったのだろう・・袋(ビニールになってます)を少々息子は口に入れてしまったんだと思う。
はっきり見たわけじゃないんだけど、考えられるとしたらそれくらいな・・。

そのあたりから、定期的に息子が咳込みだした。喉の奥あたりから何かを出したい、詰まってるよ、苦しいよ、、っていう雰囲気で。でも元気に動きまわっている。顔色も特にわるくない。呼吸も普通。でも、トントン背中を叩いてみたりお茶を飲ましてみても一向に変わらず、しばらくしたらまた咳き込む・・を繰り返す。

保健センターから聞いていた夜間救急は夜11時まで。・・とっくに過ぎている。。

知り合いのおばちゃんの姪っ子さんがよく行く夜間救急に電話してみたら「今日は小児科担当はありません。3病院ほど電話番号を言いますので聞いてみてください」と言われ、家から近いところからかけていったらまぁ見事に「今日は小児科担当はありません・・」と。最後につながったところが小児科担当だった。
PCで交通アクセスの欄を探し、プリントアウトし、電話し・・・その間、旦那が息子を逆さ吊りにして強く背中を叩いたり、口の中をペンライトで見たり、鼻くそをとったり出来うる限りのことはしつくしても、しばらくすると咳き込む、出したい・・を繰り返すから「これはおかしいな」となって、夜間救急へぶっ飛ばしていった。本当に生きた心地がしなかったわ。。。

たとえ呼吸はしっかりしていても、顔色は悪くなくても、よくあける引き出しの中にハイハインを入れなきゃ良かった・・。それを食べたかどうかもわからないけれど・・。と思いながら、車内で、今度は家よりも激しく咳き込む。抱っこして、強くわたしは叩いた。すると旦那は「叩くから咳込むんじゃが・・」とか言ってたけど、、その叩いたことでか、コーーーーーーと音を立てて、痰のようなものをガーゼに吐き、スッキリしたのか?スヤスヤ寝始めた・・。でも、袋など出てきてはいない。今はスヤスヤ寝てるけど、明日になって咳き込むと怖い、なにより専門家に診察してもらわなきゃ気が済まなくて、こんなので来たのか・・って言われようとも構わない、と思い、結局病院についた。


発熱していた小学生?がわりと診察が長く、結構待った。息子はパチっと目を覚まし、キョロキョロ。そんなに不機嫌でもない。ここはどこだ~?眠いのに~?そのとき、口をもうモゴモゴしていなくて、咳き込んでもいなくて、顔もなんだか赤みを帯びている。アーアーウーウー喋っている。そういえば、家にいたときは、アーアーウーウー喋っていなかった。
(ヤバイ・・これは治ってる・・)って改めて思ったけど、診察の番が来た。わたしはそれでもヒヤヒヤして、旦那が症状を説明。優しい女医さん(研修医かな?若くて丁寧で優しかった)と看護師さんだった。
喉を見てもらうと、やっぱり息子は泣いたよね。
結果は、まぁ心配ないでしょう。でした。「袋かもしれないし、なにか赤ちゃんせんべいの細々したものが詰まってたのかもしれません。おそらく食道は通過して、お腹に行っているので、お腹に行っても害はありませんよ。ただ、もし肺に入っていたら、翌日症状が出ることがある(肺炎になる)ので、それだけ様子を見て、おかしければ明日受診してください。でもまぁおそらく肺には入ってなさそうです。酸素量も正常ですし、大丈夫ですよ~」


でも、あのまま家にいてもコーーーーと音を立てて痰を吐き出せていただろうか?と思ったのは事実。
帰りの車内で、じわじわ旦那さんに叱られつつ・・。もっと注意してなきゃなー。

幸い今日はとっても元気で、食欲もあるし、只今お昼寝中。さすがに深夜から寝たので、今日はかなり朝はゆっくり息子は寝ました。

引っ越したら、まずは柵を買わなければ。引き出しをあけないようにとめるもの?を買ったり。気をつけます!
本当に怖い思いをした。
旦那さんは今日は泊まりの仕事。寝不足だろうなぁー。頑張ってくれー。
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-02 14:47 | day。