2010年猛暑の夏に誕生した息子の育児に没頭中!感謝の気持ちを込めて。いつだってわたしはわたしです。


by rincocoyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

母の還暦旅行 in道後。続き~

こんばんわ~ 週末が早くもきましたー。

そしてやっと続きを更新ですwほんっとブログの記事を更新する頻度が減りましてもーしわけないです040.gif

続き続き003.gif

8日に息子&姪っ子が喜んでたのは、商店街の中の「どんぐり共和国」(ジブリのお店)
家でもトトロのDVDを見させていたら喜んでいたし、もうさー テレビも置いてあったけど二人並んで見てる姿が可愛すぎて萌えた。
ジジ、ジジって息子が言ったからビックリした。(そのときだけですがw)

兄夫婦がまっくろくろすけのキーホルダー(と思ったら鏡だったんだけど)を息子に買ってくれた。さらに、我が夫婦は、息子にお絵描き帳&クレヨンを買ってしまいました。あのお店は夢がいっぱい詰まっていて、ずーっといても飽きません!

かなり歩いていたし疲れもあったろうけれども、あの可愛い姿はほんとにですね、萌えたw

そして温泉の時間です!兄&旦那が、姪っ子&息子を温泉に入れてくれるかなー?と思ったけど甘かった。旦那は入れてくれる気マンマンだったけど、兄に「Mちゃんを入れてくれるってこと?」と聞いたら「はぁ~?」と言われ、ハイハイ、、、わたしと母さんが温泉に入れますよ、それでいいのでしょ。。とそっこーであきらめた。
義姉さんは妊婦なんで、感染してもいけないから部屋のお風呂に入り、母とわたしと息子と姪っ子で温泉へ。息子の面倒を上手に見てくれる姪っ子。感謝感謝よ~ とにかく息子と同じようにしたがる姪っ子の姿も可愛かった。息子はドライヤーは苦手で怖がるのですが、温泉から上がってドライヤーで髪を乾かしてる間、なんだか平気・・。あれー?いつもと違うのね~と思いました。よくやった!

さらにまた萌えたこと。なんと、浴衣があるのね。80センチなんだけどブカブカでしたが、また可愛いのなんの。。部屋に戻って「可愛いー 可愛すぎるー」って連呼してたら義姉さんが「rinちゃん、凄いなぁ。子供を可愛い可愛いって言えて育てれるなんて。それだけ余裕があるんよ~」って。いやいや・・こんなに可愛いー!なんて普段言いませんから!たまたま浴衣姿が可愛かったものだから、と弁解したよ。(姪っ子は、かなりじっとしていないタイプなので育児が大変らしい)


さてさて夕飯の時間がやってきました。母、還暦。お約束の、あの赤い帽子&ちゃんちゃんこを仲居さんが持ってきてくれて、身に着ける母。いっきに老けるし! 母、早く脱ぎたがっていたwww

そしてサプライズの色紙を母にプレゼント。姪っ子からは手作りの折り紙製のメダル。還暦ぽいー!
旅行の計画も、兄夫婦に任せてしまったし(わたしはついてゆくだけ・・計画苦手・・。)、何かはしなくちゃ、、と。記念品では母は気をつかうだろう、じゃぁみんなからのメッセージを書いたらどうだろう、心が伝わるし、色紙は安いしw、飾っておけるだろうと思って義姉に提案しました。

真ん中には、祝!還暦!○○○○○さま Congratulation on 60th birthday とドデカク筆ペンでわたしが書きましたよー。

じっくり読む時間もないから、帰って読ませてもらうね、と目をウルウルさせてました、母。

そして記念写真を仲居さんに撮ってもらいました。

夕飯を美味しく食べ、わたしも久々のビール!ウマスギルー!

なんとかその後、息子と姪っ子が寝たあと(寝るまでが大変な姪っ子。姪っ子劇場が始まったりもうね、凄かったw)、わたしと母はもう一度温泉へ。
いろいろ話したなぁ~。やたら喧嘩するんだけど、、でもでもこれはわたしが完璧甘えてる証拠だな。。と思ったり、思うようにいかないこともあるよな、、と思ったり。


そして部屋に戻り、しばらくしたら息子のギャン泣きが始まった!いやいや・・こんなの・・初めて?断乳してから、たまーに夜暑さで泣いたり・・ってことはあったけど、どんなに旦那や母やわたしがなだめても泣きやみませんよ。ナニー!?と思っていたら、姪っ子や義姉さんまで起きてきた。すんません・・
義姉さん曰く「これは夢を見よるんよ、たっくさん刺激を受けたから夢を見てる。とりあえず、きちっと起こしてあげて、これ保冷剤をあてて!」と。しばらくしたら、起きたのかな?現実がはっきりしたのかしら、泣き止んで・・お茶を飲ませて(最初はお茶も嫌がったw)、その後やっと寝てくれた。
初めての経験でしたー。


翌日は坊っちゃん列車に乗せようと思っていたけれども、義姉さんも少ししんどかったのかな?あとその夜泣きを気にしてくれていて、帰ってから息子が寝れなかったらいけないと、、坊っちゃん列車は却下(個人的に楽しみにしてたけどw)

からくり時計を見て、たくさん写真を撮った。息子はからくり時計にまた泣いた。どこが怖いんだろうよw
その後、またまた商店街をぶらり。そして旅館に戻り、お土産買って、チェックアウト。今治まで行き、昼食を食べ、その後、道の駅で食材をゲット。保冷バックが役に立ちました。
そして瀬戸田PAで兄家族とバイバイ。

家のローンもあるし、こうして遠出(旅行)なんてすることなくて、また行きたくなった、そんな還暦旅行でした。母も楽しそうだったし、まー 義姉さんも母も、よく気がつくこと!見習えないw(見習えって?
学ぶこともいっぱいでした。買い物中も、兄と旦那は文句一つ言わなかった。(普段は違う、絶対に違う!)

また温泉に行きたいなぁ~。旅行の計画は苦手ですが、一泊でもいいからゆっくりしたいなぁ。
[PR]
by rincocoyo | 2012-07-22 00:28 | 大事。