2010年猛暑の夏に誕生した息子の育児に没頭中!感謝の気持ちを込めて。いつだってわたしはわたしです。


by rincocoyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

家を建てるということ。

ひえぇ~~~~ 深夜ですよ!それなのにさっきお風呂からあがったばかり。
なぜなら~ 引越しの準備のラストスパートっていうんで、片付け頑張っていました。066.gifアイスを食べながら、しばし休憩して。。。早く寝なきゃね・・。


今日は、家を建てるということ・・我が家の場合、どうだったのか、なんだか振り返りたくなったわw

それは突然始まった。息子を妊娠中、旦那の同僚が家を建てたり、わたしが妊娠前から同じアパートに住んでいたご夫婦が中古(中古といっても家はめっちゃ綺麗で巨大で車庫はカーポートじゃなく・・とーっても頑丈であれはずーっともつだろうなっていう・・)の家を買ったり・・。

住宅ローンの仕組みや、家を建てるということがどういうことなのか、なーんにもわかっていなくて、妊娠中1度だけ旦那が「モデルハウスを見に行きたいから付き合って」と言うので、渋々行った。わたしは興味がないから・・それにまだアパートでいいじゃないの・・このアパート気にいってるんだし・・と思っていたし、その後のランチのほうが楽しみだった。
その後も、本屋でインテリアやマイホームの本をとりあえず立ち読みしていた旦那でした・・。


そうこうしているうちに、わたしがとうとう息子を出産し、実家に3週間帰っていたのだけれども、おそらく旦那はもう心に決めていたはず。
2、3日に一度、息子を見に実家へ顔を出しに来たのだけれど、土地の情報やらもう話をもってきてですね・・なんなんですか!?もうっすか?早くないっすか?って・・わたし産後直後です・・話についてゆけず。

「子供ができたら家を建てたいと思ってたよ」とあとで言われて・・。義母さんや義父さんにも旦那は話していたし(しかも産後息子を見に来てくれたときですよ!)

車内で大喧嘩し、そのときはもう産後ホルモンがワヤクソなので、がみがみ言われるとこっちも言い返しても本当になんていうか・・いつもとは違う感覚でした。


息子を産んで、2ヶ月・3ヶ月・・と時が経っていくうちに、わたしはとうとうホルモンバランスを崩し、家のことはもう無理だっつーの、「育児してる間に家のこと勉強できるじゃろ?」とかいうふざけた発言にもう泣きたくて泣きたくて、息子も日々成長してるんだけど不安満載で完全に心がやられた。そのときには、遠く○山へ見積もりを取りに行ったり、営業さんが我が家へきたり、完成見学会に行ったり、わたしはヘロヘロでしたが頑張った。。。
それくらいから、同級生&Aちゃんとよく遊ぶようになって凄く息抜きになり、だんだんと復活していきました。
お正月は、しばし家のことからは離れられる・・とりあえず義実家で息子を見てもらい、わたしも満喫しなくっちゃ、と。そりゃーそりゃー息抜きさせてもらい、年があけたらわたしの気持ちが伝わったのか?息子はすっかり便秘が解消した。


そもそも土地を旦那は気に入って、わたしは息子のことを考えたらそこはどうかと・・思ったり。。確かに値段は安いけれども、、。
だから、我が家は一般とは逆というか、さきに住宅メーカーを決めて、その後土地を決めたのです。(結局は旦那が気に入った土地にしました)

そこからほぼ3、4ヶ月・・毎週土曜には住宅メーカーへ打ち合わせに行った。あけてもくれても打ち合わせ。わけわかんないっつーの!土曜がくるたびに・・今日は一人で行ってくれ・・と何度も思った。でもrincoも来てくれんと・・とか言われて・・。旦那は念入りに調べ尽くすタイプなので、我が家には本が何十冊と気づいたときにはあったw(今後家を建てるという1階のご夫婦にプレゼントしましたw)わたしは、開きもしなかった。とーぶん。

その打ち合わせ中も、なにがなんだか・・お金持ちじゃないから、とにかくコスト重視だったし、わたしは黙っていることも多かった。あまりに優柔不断のためか、家ではときどき「えいやー!で決めんといけんって」と言われつつ。

3月11日、東日本で震災が起きた。その翌々週に3者打ち合わせ(最後の打ち合わせ)が予定されていたのだけど、翌週に早めてもらった。その最後の打ち合わせも・・最後までしんどかったわい!

で、4月の下旬にとうとう地鎮祭を行い、5月の中旬に上棟式を行った。その頃には、まぁ旦那に鍛えられたためか、事務的なことはそれなりにしたわよーーーーー。奥さんとしてあたりまえー?
4月あたりから打ち合わせにもう行かなくていいのだと思うと、なんとも気分が晴れやかに!
好みや希望が、夫婦ぜーーんぶ一致すれば難しくないのにね~ と何度思ったことか。その後はますます事務的なことが増えていきました。何度も住宅メーカーに電話したり、確認したり。。働いてないから、頭を動かすって久々だったw

今ならわかるー。今なら間取りとかなんやかんやそれなりにわかる。意味が。さすがに産後直後からはですね・・はっきり言って、キツカッタ。

文句をブツブツ言いつつも、わりとわたしがしたいことを譲ってくれたりもした。お互い妥協したり。もっと自分に自信がもてたら。もっと自分にアイデアがあったなら。もっと勉強していたら。もっとお金があればww よく思ったものです。

さぁ木曜に引渡しの日なんだけど・・新たな住まいで、家族で頑張っていこうと思う。

この1年、そりゃーそりゃー家を建てるということの難しさを痛感したけれど、そのたびに息子が癒してくれた。息子の日々の成長、そして友達と遊び、育児の情報交換をし、支え支えられてきた。

きっといい家にしてみせる。あたたかい愛情溢れる家庭を作っていきたい。

そして何度も喧嘩したけれども(今後もするっしょw)、仕事をしながら、家のことを研究に研究を続けて、妥協もし、譲るところは譲ってくれた旦那さんにありがとう。これからもよろしく!
[PR]
by rincocoyo | 2011-09-06 03:06 | day。